不眠症解消と睡眠薬クリニック

 

不眠症の解消と睡眠薬クリニックは、寝付けない悩みを持っている人に有効な情報を発信することを目的としたサイトです。

眠れない悩みをもっている人は、いろいろな不眠の原因を抱えています。
精神的なストレスや体の痛み、病気など、睡眠以外に原因があれば、とくに睡眠薬を飲まなくても、不眠症を解消できる可能性があります。

ところがストレスがなかなか解消できない場合、夜になると、そのことばかりが気になって眠れないことがあります。また眠りそのものを意識してしまい、「今日もまた昨日のように眠れないのでは?」と予期不安を持つ人もいます。こうした神経症を基盤に持つ不眠症の患者さんは、かなり根が深いために、睡眠薬の力を借りることになります。

人によっては、こうした精神生理性不眠の患者さんに対しては、あまり睡眠薬を処方しないほうがよいと言います。「とらわれ」を強くするだけだからです。

不眠症の症状によって、睡眠薬の処方は異なる

寝付けない不眠症を解消するには、超短時間作用型のハルシオンやアモバン、マイスリーといった睡眠薬が処方されます。それぞれに特徴があり、患者さんの状態によって使い分けます。

不眠症の症状には、寝つけないタイプ以外に、夜中に目覚める中途覚醒、朝早く目覚める早朝覚醒もあります。寝た気がしない熟眠障害もあります。

不眠症解消の方法としては、それぞれに適した不眠の治療薬を用いることになります。夜中に目覚めやすいという人には、ハルシオンなどよりも、やや作用時間が長い睡眠薬が処方されます。レンドルミンやエバミール、ロラメット、リスミー、デパスなどですね。

レンドルミンとリスミーは、人によっては全く効かないともいわれますが、安全な薬剤です。エバミールやロラメットは、ほぼ同じ成分で、血中半減期が10時間と長いため、寝つきにくさ、中途覚醒の両方に対して用いられます。日中の不安を抑える抗不安作用が強いので、うつ病にも効き目があります。

このように不眠症の解消には、症状に応じて各種の睡眠薬が処方されます。
現在のベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、かつてのバルビタール系の薬よりは安全とはいえますが、副作用や後遺症、危険性が全くないというわけでは、もちろんありません。

たとえばハルシオンやマイスリーの睡眠薬を、アルコールと一緒に飲むと、酩酊してしまい、夢遊病の症状が起きることが確認されています。

やはり、できれば睡眠薬を使わない不眠症の解消方法が、最も安全であり、健康のためにもいいはずです。じつは深刻な不眠症であっても、睡眠薬を飲まないで済む方法があるのです。大学の名誉教授で、その方法を独自に編み出した人がいるそうです。詳しくは、以下のリンク先をご覧下さい。

睡眠薬がいらない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら