不眠症解消と睡眠薬クリニックTOP > 不眠症の改善方法とは? > ベンザリンの副作用と効果とは?

ベンザリンの副作用と効果について

 

ベンザリンの副作用や効果について、解説したいと思います。
ベンザリンは塩野義製薬による薬剤で、ジェネリック医薬品にネルボンがあります。

睡眠薬ベンザリンの特徴といえば、日本で最初に販売されたベンゾジアゼピン系の薬剤ということでしょう。それまではバルビツール酸系の睡眠薬が主流でした。これは脳幹に直接作用するタイプの薬剤だったため、死に直結するとても危険な薬だったのです。

かつてのバルビタール系の睡眠薬は、覚醒中枢がある脳幹に作用しましたから、呼吸抑制や血圧低下といった、いわゆるショック症状が起きがちでした。また耐性がすぐについてしまうので、徐々に服用量が多くなってしまい、致死量に達しやすかったのです。そのため睡眠薬を大量服用して自殺する人も出てきたわけです。

こういったバルビタール系の睡眠薬は、入院して投薬管理しているぶんには、医師が管轄できるので安全でした。しかし精神科に外来で通院するようになってからは、危険な薬剤に早変わりしたのです。

そういった外来の風潮のなかで、需要に応えるようにして登場したのが、睡眠薬ベンザリンです。バルビタール系の薬剤に比べれば、ベンザリンの副作用は非常に少なくなっています。しかし全くないわけではありません。人によっては、ベンザリンの効果や副作用が強く現れてしまうので注意が必要です。

ベンザリンの効果としては、中間時間作用型に属します。
つまりハルシオンやアモバン、マイスリーといった超短時間作用型の薬剤とは違って、寝つきやすさを改善するわけではありません。夜中に目覚めて、そのあと眠れない「中途覚醒」の不眠症を解消するための睡眠薬になります。

ハルシオンやアモバンでは、夜中に起き出して、夢遊病患者のように行動する危険性が伴います。薬が切れるのが早いからです。しかし血中半減期が遅くやってきて、効き目が長いベンザリンやエリミン、ネルボンといった薬では、夜中の中途覚醒の心配はそれほどありません。ただし、これは人によります。

ベンザリンの副作用や危険性とは?

早めに睡眠薬を服用したり、医師の指示に従わずに量を増やしたりすると、思わぬベンザリンの副作用が現れる危険性があります。

ベンザリンの効果として、筋弛緩作用があります。
そのため翌日まで持ち越し効果があった場合、朝起きたときに足に力が入らなくなってしまい、転倒する危険があります。高齢者になると、肝臓や腎臓の毒素分解能力が低下しているので、とくに翌日の持ち越し効果が出やすくなります。

血液中にはまだベンザリンの効果が残っているので、翌朝の転倒は十分ありえるといえます。しっかり手すりを使いながら、慎重に起床することが大切です。

またベンザリンの副作用として、喘息を誘発する可能性があります。
現在、喘息を初めとして気管支炎などの呼吸器関連の疾患を持っている人は、事前に医師に告げることが大切になります。

中間時間作用型の睡眠薬は、ベンザリン以外にも多くありますので、薬を変えることによって対応できます。

インターネット上で、違法にベンザリンが販売されていることがあります。
当然のことですが、ネットでベンザリンを購入してはいけません。違法行為であるとともに、医師の処方箋なしで服用すると、重大なベンザリンの副作用が出る可能性があります。

ベンザリンの効果に頼らずに、不眠症を解消・改善する方法もあります。
大学の名誉教授で、かつて不眠症で悩んだことのある人が考え出した方法です。これなら不眠の薬に一切頼らないので、ベンザリンの副作用の危険もなく、不眠症を改善していくことができます。興味のある方は、以下のリンク先を参考にしてください。

睡眠薬がいらない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら