不眠症解消と睡眠薬クリニックTOP > 不眠症の改善方法とは? > 睡眠薬の効果と副作用とは?

睡眠薬の効果と副作用について

 

睡眠薬の効果と副作用について見ていきましょう。

まず睡眠薬には、ベンゾジアゼピン系とバルビタール系に分類できます。
現在は、前者が不眠症の解消に活用されています。バルビタール系睡眠薬の効果は、眠気はもたらすのですが、脳幹に直接作用して呼吸抑制や血圧低下の症状を引き起こす危険なものでした。耐性もつきやすく、致死量に達しやすかったのです。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果とは?

いっぽうベンゾジアゼピン系の睡眠薬の効果は、脳のGABA(ギャバ)を活性化させて、神経の興奮を鎮める働きがあります。つまり抗不安薬であり、精神安定剤の一種なのです。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の効果は、以下のようなものがあります。

  • 抗不安作用
  • 催眠作用
  • 筋弛緩作用

はじめは、すべての作用を伴う睡眠薬が登場しましたが、筋弛緩作用がないタイプの睡眠薬も開発されるようになりました。高齢者が筋弛緩効果のある睡眠薬を服用すると、翌日まで体に残ってしまい、ふらついて転倒する危険があるからです。たとえばマイスリー、レンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミーは、筋弛緩の睡眠薬効果が弱く作られています。

その反面、ハルシオンやデパス、あるいは中間時間・長時間作用型といわれる睡眠薬の効果には、筋弛緩作用があるため、高齢者や未成年者は要注意です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン受容体に選択的に作用できるので、抗不安作用や催眠作用だけを強めることができるのです。

睡眠薬の効果は4つに分類できる

睡眠薬の効果には、作用時間によって、以下の4種類に分類できます。

  • 超短時間作用型
  • 短時間作用型
  • 中間時間作用型
  • 長時間作用型

作用時間が短いものは、すぐに眠くなってきます。
その代わり、血中濃度が薄まる時間も早く、翌日まで睡眠薬の効果が持ち越されることはほとんどありません。ただし肝臓や腎臓の分解能力が低下している人や高齢者は、短時間タイプでも翌日まで睡眠薬の効果が残る場合があります。ハルシオン、アモバン、マイスリーなどがあります。

超短時間作用型の睡眠薬は、すぐ寝ることができるメリットがある反面、副作用がもっとも怖い薬剤といえます。漫然と飲み続けたり、量をオーバーすると依存症に発展しやすくなります。その状態で急に服用を止めると、反跳性不眠といって、服用前よりもひどい不眠症の症状が現れます。離脱症状や退薬症状に要注意です。

またハルシオンやアモバン、マイスリーといった効き目が早い睡眠薬は、寝るまでの時間に健忘(もの忘れ)が出やすいといった、睡眠薬の副作用が確認されています。これを一過性前向性健忘といいます。そのほか夜中に起きた後のことが記憶にない、夢遊病の症状も知られています。

短時間作用型の睡眠薬の効果は、寝つきにくさだけではなく、夜中に目覚めやすい中途覚醒の不眠症に効きます。これも翌日に、睡眠薬の効果が続くことは、あまりありません。レンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミー、デパスなどが有名です。

中間時間作用型の睡眠薬の効果としては、朝目覚めてしまう早朝覚醒の不眠症を解消する働きがあります。このタイプは、翌日の持ち越し効果があり、日中の眠気、ふらつきに注意する必要があります。うつ病などの日中の不安感を抑えるという睡眠薬の効果があります。エリミン、ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、ロヒプノール、ドラールなどがあります。

長時間作用型の睡眠薬の効果は、もっとも血液中に残る作用があります。
早朝覚醒の睡眠障害に効きますが、当然、翌日の持ち越し効果があります。日中の不安が非常に強い、うつ病や統合失調症(精神分裂病)の患者さんに処方されることが多いようです。ソメリン、ダルメート、ベノジール、インスミン、ネルガートなどがあります。

医師の指示に従うことが大切

睡眠薬の効果を正しく教授するには、精神科や心療内科の医師の指示に従うことがもっとも大切です。自分勝手に服用量を増やしたり、急にやめると、前述したような睡眠薬の副作用が現れる危険があります。また睡眠薬の服用は夜寝る前であり、昼間に服用することも危険です。

睡眠薬を安全に活用するには、医師の指示の元、徐々に服用量を少なくしていくことが大切です。1日だけ飲まないとか、徐々に頓服していけば、禁断症状もなく、安全に睡眠薬を止めていくことができます。

睡眠薬がいらない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら