不眠症解消と睡眠薬クリニックTOP > 不眠症の改善方法とは? > 睡眠薬のリスクと危険性、副作用

睡眠薬のリスクや危険性について

 

睡眠薬のリスクや副作用を知らないで服用すると、大変なことになります。

たしかに現在のベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、かつて使われていたバルビタール酸系の睡眠薬と比べれば、格段に安全なものです。昔の睡眠薬は、耐性がつきやすかったので常用量をオーバーしやすく、致死量にも達しやすかったのです。また呼吸抑制や血圧低下の症状も起きがちでした。

それに比べれば、確かに現在の睡眠薬はリスクが軽減されています。
大量に飲んだからといって、死ぬことはありませんし、自殺目的で使用しても効き目はありません。

命には別状はありませんが、現在の睡眠薬のリスクや副作用、危険性をよく知っておく必要があります。たとえば以下のような睡眠薬のリスクが伴います。

  • 健忘(物忘れ)
  • 夢遊病
  • 反跳性不眠
  • 依存症
  • 翌日への持ち越し効果
  • ふらつき→転倒→骨折
  • 残眠感
  • 不安感、イライラ

短時間型の睡眠薬のリスクと副作用

ハルシオンなどの短時間作用型の睡眠薬のリスクや副作用には、一過性の健忘(記憶喪失)があります。睡眠薬を服用してから寝るまでの記憶がなくなるのです。

さらに、夜中に中途覚醒したあとの記憶がなくなることがあります。
つまり夢遊病のように起きだして行動するのですが、それを覚えていないのです。

ハルシオンやアモバン、マイスリーといった超短時間作用型の睡眠薬を服用すると、夜中に起き出して人に電話して会話したり、料理して食べたり、ドライブしたりお風呂に入ったりします。しかし全部、本人は覚えていないのです。こういった睡眠薬のリスクや副作用は、慢性的に長い期間にわたって服用したり、アルコールと一緒に飲むと起こりやすくなります。

ましてや医師の指示に従わず、自分勝手に服用量を増やすと、こういった睡眠薬のリスクや副作用は、高い確率で発生します。

短時間型の睡眠薬のリスクとして、即効性があるために、依存性が生じやすいということがあります。ちょっと眠れなくても、手が出やすいということですね。そのため医師の指示に従わず、勝手に服用量を増やして止められなくなるのです。

そうなると、前述したような夢遊病などの睡眠薬の副作用が起きるだけではなく、依存症となります。いったん依存症になると、やめようとしたときに反跳性不眠が起きて、服用前よりもひどい不眠症に陥ります。退薬症状の危険もあります。

短時間作用型の睡眠薬は、医師の指示に従って、少しずつ服用量を減らしていかないと、依存症に陥る危険があるのです。こういった睡眠薬のリスクや副作用、危険性を避けるためには、急に服用を止めてはいけないのです。

長時間型の睡眠薬のリスクと副作用

睡眠薬の作用時間が長いタイプだと、記憶がなくなったり、夜中に起き出すことはほとんどありません。そのかわり体のなかに長く薬剤が残るために、翌日への持ち越し効果という睡眠薬のリスク、副作用が多くなります。

このとき足元がふらついて転倒することがあるので、注意しましょう。
とくに高齢者の場合は、肝臓や腎臓の分解処理能力が衰えています。そのために薬剤が、通常よりも長く体のなかにとどまり、翌日により一層持ち越されることになります。さらに転倒から骨折して、寝たきり生活にもなりかねません。

長時間作用型の睡眠薬のリスクとしては、そのほかに一日中、眠い状態が続くことがあります。これは日中の不安感を抑制することにもなるわけですが、あまりに眠いと仕事でのミスや産業事故、車の交通事故につながりかねません。

こういった場合は、睡眠薬のほうは短時間型に変えてもらい、日中に不安がある場合は、また別に抗不安薬を処方したりします。

睡眠薬がいらない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら