不眠症解消と睡眠薬クリニックTOP > 不眠症の改善方法とは? > ロヒプノールの副作用と効果とは?(サイレース)

ロヒプノールの副作用と効果について

 

ロヒプノールの副作用や効果を見ていきたいと思います。

睡眠薬ロヒプノールは、ベンゾジアゼピン系薬剤のうち、中間時間作用型に属します。つまりロヒプノールの効果は、夜間に目覚めがちな中途覚醒の不眠症を解消する働きがあるわけです。同じ効果の不眠の薬として、サイレースがあります。

ロヒプノールの効果は優れている

ロヒプノールの効果は7時間だけ続きます。
通常、中間時間作用型の睡眠薬の効果といえば、もっと長く、翌朝までに持ち越し効果が及びます。しかしロヒプノールは、中途覚醒の不眠症を治療できるうえに、翌日に薬の効果が持ち越されないという理想的な不眠の薬なのです。

それは、やはりロヒプノールの効果が7時間という点にあります。 この長さが、ちょうど人の平均睡眠時間に合っているので、睡眠中にほとんど血液中から薬剤が抜けた状態で目覚めることができるのです。

またロヒプノールは、脂肪に溶けにくいという性質があるようです。
そのため、その効果を最大限発揮できる薬剤といえそうです。

ロヒプノールは眠れない人には効き目がありませんが、依存性がないというメリットがあります。このメリットを生かして、たとえばハルシオンやアモバン、マイスリーで依存症になった場合、その離脱用の薬剤として使われたりします。とにかく人気もあり、副作用やデメリット、リスクの少ない睡眠薬がロヒプノールといえそうです。

ただ良質の睡眠薬ということは、闇で売買されやすいということでもあります。
インターネット上で「売ります」「買います」「譲ります」などの甘い誘いには乗らないようにしましょう。海外からの個人輸入のサイトもありますが、こういった睡眠薬は医師の処方箋が必要とされています。

ロヒプノールの副作用とは?

いいことばかりを書いてきましたが、もちろんロヒプノールも副作用があります。
たとえば人によっては、肝臓や腎臓の分解が追いつかずに、翌朝までロヒプノールの効果が残ってしまうことがあります。とくに肝臓や腎臓の病気がある人、高齢の方は、翌朝に足元がふらついたり、残眠感があったりします。

夜中に目覚めてしまっときに、睡眠薬ロヒプノールを服用すると、早起きした場合、体から薬剤が抜け切っていないために、持ち越し効果というロヒプノールの副作用が現れやすくなります。高齢者は、ふらつきから転倒したり、階段から転げ落ちる危険があります。その結果、骨折して寝たきりの状態になることもあるので要注意です。

ロヒプノールの効果はすばらしいと言われていますが、アメリカでは麻薬扱いになっているそうです。もちろん睡眠薬としてロヒプノールは認可されていません。ロヒプノールとアスピリンを飲み合わせると、重大なロヒプノールの副作用へと発展する危険があるからです。解熱鎮痛剤を飲むときは、ロヒプノールは服用しないほうがよいでしょう。この点、医師に確認しましょう。

ロヒプノールは副作用が少ないといわれていますが、もちろん医師の指示に従わないで服用した場合は、重大な副作用が起きることがあります。昼間に飲んだり、服用して夜中に起きて仕事をしたりする人は、健忘や夢遊病の症状が起きないとも限りません。仮眠に使用するのはやめましょう。

また当然のことですが、睡眠薬をアルコールと一緒に服用すると、効果が強まってしまい、ロヒプノールの副作用へとつながってしまいます。お酒も睡眠薬も脳内のGABAを活性化させるので、相乗効果で効きすぎてしまうからです。

睡眠薬がいらない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら